飲食店向けネット注文サイトの改修時に担当者が検討すること

フロントエンドはシステムとしてやれることが増えてきたおかげで、色々な仕事のサイト改善にピッタリな最適解を出せるようになりました。

今回頂いた案件で飲食店のネット注文のフロントエンドを担当した経験から、ネット注文改善に悩んでいる担当者さま向けに施行方法を提案・受託しています。

具体的に担当者様がUI/UXを考える場合に必要な事前知識を検討してみます。

ペルソナてきなもの

家族に1アカウント/会社に1アカウント

固定電話の代わりになっていると考えるのが無難なので、
共有PCなり、決裁権限のある人物(事務方・親など)のPC/スマホで注文される可能性が高い。一般的なWEBサービスが ユーザー:アカウント = 1対多(サブ垢)に対し、飲食店向けの場合はn対1の関係である。そのため注文履歴からの好みの分析は当てはまらない場合がある

気軽に注文できるようになったとはいえ

飲食店利用のユーザー層のリテラシーが低いことが伺える。またウーバーイーツや出前館などある程度決まった品を選ばせる場合と、全商品から探し出させるのはUXが違う。

リアル店舗でメニューを選ぶことを模倣することが正しいか?

店舗で注文するとき、メニューを開き選ぶ、ポスター・掲示物を見て選ぶ・食品サンプルを選ぶ選択肢があるるネット注文はユーザーにとってどれがただしのかでUXがきまる

優先すべき事柄

・スマホでの閲覧
・メニューのみ閲覧を考慮
・CVを高めるためには早く確定させる
・インタラクティブ性よりも機能性
・素早くお客様が欲しい情報にたどり着かせる
・電話注文と同じぐらい楽であることがのぞましい。
・「いつもの」に対応させるリピート

新商品をどうやって売るか?

・ネット注文のお客様はどちらかとゆうとリピートなので、新商品は売りづらい。
・キャンペーン広告等がら入ってきた場合に即注文&リピートができるといいのかも。

プラスワンを注文してもらうには?

・カートの検討中の商品からサブメニューを表示するのはあり。
・顧客が欲しい値段でセットをレコメンドするのもあり。

特殊な施行

軽量化
・商品点数に限界がある(作れるもの限界)ので逆手にとって、検索などはDBからではなく先に全データを持ってクライアント側で処理する。

弊社では、ネット注文改善に悩んでいる担当者さま向けに施行方法を提案・受託しています。お気軽にご連絡ください。

しば に更新 2891文字 50view
※この記事は3ヶ月前の記事です。内容が古い可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください