編集画面で独自のinputに値を保存したい場合、多くはメタボックスを利用して値を保存します。
まずは編集画面にメタボックスを追加しましょう。

メタボックスを編集画面に追加

class metaBoxAkrmd
{
    public function __construct()
    {
        add_action('load-post.php',  array($this, 'addMetaBox'));
        add_action('load-post-new.php',  array($this, 'addMetaBox'));
    }
    public function addMetaBox()
    {
        $id       = 'XXXXXX';
        $title    = 'メタボックス追加';
        $callback = array($this, 'renderMetaBox');
        $screen   = 'post';
        $context  = 'normal';//side
        $priority = 'default';
        $callback_args = null;
        add_meta_box($id, $title, $callback, $screen , $context , $priority , $callback_args);
    }
    public function renderMetaBox()
    {
        echo '文字を書くだけならこれでもOK。';
    }
}
ソースコード装飾ならGoogle code prettify

WP管理画面にmetaboxじゃないエリアを追加する

上記で「文字を書くだけならこれでもOK。」とゆう文字列が画面に表示されたと思います。
次はinput入力欄を用意して、値を保存します。
カスタムメタボックスの値を保存する