data-*属性とJSを利用して、画像を後読み(lazyload)します。更にimg srcsetを利用してRetina対応をしましょう。Retina画像はプラグインを利用して画像アップロード時に自動で対応サイズを生成させます。画像にはできるだけ圧縮をかけましょう。

DIVタグにdata-imgを追加

画面内のスクロールイベントを感知して画像の近くに来たらimgタグに変更

Retinaはsrcset属性の追加で対応

media_widthとmedia_heightでサイズを取得して指定

編集画面のメディアを追加で追加されるタグ自体を書き換える

Retina画像を生成するプラグイン

画像圧縮するプラグイン